最新情報

2020 / 09 / 10
00:00

■<9月コラム>利用頻度が多いなら運転手派遣!ハイヤーとの違いは?

9.jpg

会社の役員に専属ドライバーをつけるときに、ハイヤーと派遣の役員運転手とどちらが良いか迷いませんか?どちらにした方が便利なのか真剣に比較してみた方が良さそうです。どういうときに役員運転手が得なのか考察してみました。

 

 

 

■ハイヤー運転手の仕事内容とは

ハイヤーとタクシーはよく似たサービスですが、両者の間にはいくつかの違いがあります。大きな違いが、ハイヤーは決まった顧客を決まった距離だけ送り迎えするということです。ハイヤーでは1日の予定が最初から決まっており、スケジュールに従って運転します。1人の顧客のために1日中移動する場合もあれば、1日に何人もの顧客を送迎する場合もあります。一方、流し営業をしながら客にピックアップされるのを待つのがタクシーの一般的なスタイルです。

 

■最大の違いは、車の所有の有無

最初に考えることは、自分の会社に社用車があるかどうかということではないでしょうか?もし、社用車がある場合は、車を持ってきてもらう必要はないので、ハイヤーを頼むことはないという結論になります。派遣の役員運転手を頼めば、体一つできてもらえます。しかも、ハイヤーを頼んだ場合は、会社に来てもらうまでの送迎料までとられてしまうことが多いのです。それと比較すると役員運転手の場合は、完全時間給となり、自分のために運転してもらった時間のみの料金が請求されます。また、社用車を利用することができるというのも大きなメリットです。たとえば、社用車に自動車電話が付いていたらどうでしょう?ハイヤーでは使えなかった電話が、社用車では使えるのです。

 

■運転手の出社スタイルも異なる

役員運転手を雇う場合は社用車を使うことになるので、運転手の出社スタイルもハイヤーとは異なります。ハイヤーの運転手は、まず自社の営業所から車を出して顧客の送迎をおこない、終業後は営業所に車を戻してから帰宅します。一方、役員運転手は社用車で役員の送迎をするため、営業所を経由しません。社用車の置いてある場所へ直接向かい、社用車をピックアップして役員を乗せ、仕事が終わったら社用車を元の場所へ戻してから帰宅するのです。

 

■利用シーンが決まっていれば役員運転手

何のために車が必要なのか?どんなコースで回るのかなどが正確に決まっているのであれば、役員運転手がおすすめです。ハイヤーの場合は、タクシーにとても近い感覚なので、いろいろ臨機応変にまわってくれることには強いですが、料金が高くなってしまったり、最良の時間の使い方ができなかったりします。役員運転手の場合は、あらかじめスケジュールを伝えておくと、万全の準備を整えてきてくれます。その上、いろいろなことを想定して準備してくれますので、たいていのわがままは聞いてくれるはずです。たとえば、予定のコースを走っているときに突然トイレに行きたくなった、コンビニに行く必要が出たなどの場合にも臨機応変に対応してくれます。

 

■役員運転手なら、信頼関係が築ける

役員運転手は、自分の会社でコミュニケーション能力の向上や、ビジネスマナーなどについて徹底的な研修を受けています。その成果は、社内での会話に現れます。さりげなく、気を遣いながら役員の気持ちをくみ取り、気持ちを和ませてくれる会話を行ってくれるのです。また、運転技術や渋滞回避の対処法についても徹底的なトレーニングを受けています。そのため、トラブルにも対処してもらうことができ、ドライバーと役員の信頼関係は深まりやすくなります。また、リピーターなどであれば、一度乗せたお客さんのことは忘れないので、さらにサービスは向上してくるはずです。役員ドライバーのサービスは利用すればするほど、信頼関係が築けやすいのが特徴です。

 

■役員運転手の派遣を利用する、その他のメリット

ハイヤーを雇う場合、車をレンタルする料金も利用料に含まれています。一方、役員運転手なら社用車を使うので車を借りる必要がなく、コストカットが図れます。車での移動がほとんどないのであれば、社用車を用意するよりもハイヤーを利用したほうが安上がりかもしれません。しかし、すでに社用車がある、ハイヤーの利用頻度が高いといったケースでは、役員運転手の派遣を利用したほうがコストを抑えられるでしょう。また、特定の人材ニーズに応えてもらえることも役員運転手を利用する大きなメリットです。役員運転手の派遣会社には多彩な人材が在籍しており、理想とする人物像に近い運転手の派遣を依頼できます。性別や経験、語学力など、細かい要望にも応じてくれる可能性が高いでしょう。

 

■ハイヤーよりも役員運転手がおすすめ

ハイヤーと役員運転手は混同しやすいサービスですが、社用車を使えるかどうかという点で大きな違いがあります。ハイヤーの場合は運転手だけでなく車もレンタルすることになるので、社用車がある場合は運転手派遣の利用がおすすめです。移動手段のコストが削減でき、特定の人材ニーズにも応じてもらえるでしょう。運転手との信頼関係を築き、快適に移動したいのであれば、ぜひ役員運転手を利用してください。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

DFM大.png

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバーのお仕事希望の方はこちらのサイトもご覧下さい。

DFY大.jpg

Today's Schedule