最新情報

2017-04-20 00:00:00

役員運転手は役員を送迎する際、事故を起こさないようにしなければなりません。そのため安全運転が重要だと言えます。しかし役員運転手の仕事は健康管理も重要です。そこで役員運転手が受診する健康診断について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

■派遣運転手の健康診断について

 

役員運転手の健康状態に問題があると、事故につながることも少なくありません。それによって役員の身に危険が生じてしまう可能性がでてきます。役員運転手は役員の安全に配慮しながら送迎しなければならないので、健康状態をしっかり管理しなければなりません。したがってこの仕事に従事する場合、最低年1回、会社から健康診断の受診を義務付けられます。健康診断は会社指定の医療機関で受診することになるでしょう。身長、体重、血圧の測定や血液、尿、心電図の検査などを行います。車を運転中に、事故につながりやすい症状として意識障害、てんかんによる発作、心臓疾患などがあげられます。そのため血圧の数値や心電図の異常の有無は、健康診断で特に重視されるでしょう。

 

 

 

■夜間運行する際の健康診断について

 

夜遅い時間に役員のスケジュールが入る場合も多くあります。ですから役員運転手は役員を送迎するため、夜間運行をする場合もあるでしょう。しかし夜遅い時間に人が活動すると、体内時計に異常をきたしてしまいます。それにより循環器の機能低下や各種疾患になりやすくなってしまうのです。夜間運行をする人は不健康になりやすい環境にあるので、より健康管理に努めなければなりません。労働安全衛生法では、深夜、業務に従事する人に対して6カ月に1回以上、健康診断を実施しなければならないと定められています。したがって夜間運行する役員運転手は、年2回以上、健康診断を受診することになります。

 

 

 

■まとめ

 

健康上の問題は車の事故を引き起こします。場合によっては人の命に関わる大事故になる可能性もあるでしょう。役員運転手の仕事に就いている人は中高年が多い傾向にあります。人は年齢を重ねると体のさまざまな場所に問題が出てきます。したがって役員運転手が健康診断を受けて健康管理するのは、安全に業務を遂行する上で当たり前のことなのです。役員運転手は会社で最低年1回以上健康診断を受診します。夜間運行するところでは年2回以上受診しなければなりません。日頃から自分の健康状態を意識するという意味では、年2回以上健康診断を受診したほうが好ましいと言えるでしょう。また健康診断を受診するときだけでなく、日頃から体調管理をしっかり努めるようにしておくことも大切です。

 

 

 

運転手に関するコチラの記事も読まれています

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。