最新情報

2018-01-20 00:00:00

役員運転手になりたいけど、具体的な方法が分からない人もいるのではないでしょうか。役員運転手になるための方法は一つではありません。役員運転手ならではの方法も存在します。そこで今回は、どのような方法があるのかを紹介します。

 

 

 

 

 

 

■求人・募集案件に応募する

 

役員運転手になる一般的な方法は、求人・募集案件への応募です。転職情報誌や転職サイトなどに掲載されている情報を探して、履歴書を提出します。書類選考の後には面接があることが多いです。採用条件として運転免許証を持っていることが必須で、運転経験が豊富であれば有利になることがあります。特に応募する企業がある地域での運転経験が多いと、地理に詳しいということでプラスの評価をしてもらえるでしょう。また事故歴や違反歴の少なさもポイントになります。役員運転手にとって、交通ルールや安全運転は非常に重要だからです。応募前に事故や違反を繰り返していると、採用してもらえる可能性は低くなってしまうでしょう。選考は履歴書や面接を通して、総合的に判断されることになります。

 

 

 

■雇用されている企業での内部異動

 

営業職などの職種として雇用された人物が、内部異動によって役員運転手になるケースも存在します。異動願いを出して異動する人もいますが、企業の方針で異動することになる人も見受けられます。定年後も企業に残って、嘱託社員として働く場合などがその一例です。それまでの職種に定年後のポジションが用意されていない場合、他の職種を割り当てられることになります。そのときの選択肢として役員運転手を提示されるケースがあるのです。役員運転手として、社内の年配者を望む役員は少なくありません。若者より運転の経験が豊富なことも理由の一つですが、同じ業界で働いた経験が長いことも大きな理由です。役員運転手には、礼儀作法に長けており、業界の常識や風習を熟知している人が望ましいのです。

 

 

 

■知人からの紹介

 

知人に紹介されて役員運転手になる人もいます。一般的な求人・募集などと比べると少ないですが、役員運転手を探している役員の知人から紹介されるケースなどがあります。そのような人脈がある人にしか当てはまらない方法ですが、紹介されると採用される可能性は高いでしょう。紹介された後に面接を受けることもありますが、簡単な確認だけで済むことが多いです。紹介する側と紹介される側の信用に基づく採用方法だからです。そのため紹介する側も紹介される側も慎重にならなければなりません。不適切な人を紹介すると役員や企業に迷惑をかけてしまいます。紹介された側もいい加減に仕事をしていると、役員や企業だけでなく紹介してくれた人にも迷惑をかけてしまう恐れがあります。

 

 

 

運転手に関するコチラの記事も読まれています

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

DFM大.png