最新情報

2017-05-20 00:00:00

役員運転手という仕事は、人を車に乗せて移動する点ではタクシーと同じですが、乗せる人が特定の役員になる点が違います。そのため、役員運転手をする場合には、安全運転以外にも特別に注意すべき点があります。そこで、役員運転手の注意点についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

■運転を担当する役員との人間関係

 

役員運転手は特定の役員の担当になって運転業務をすることになります。当然、その役員とは長時間同じ空間で過ごすことになるでしょう。役員になるような人は人間的にもすばらしいケースが多いですが、それでも人間ですから相性が合わないこともあり得ます。お互いに信頼関係が築けない状態で役員運転手を続けるのは精神的にも辛く感じ、最悪の場合は安全運転にも支障が出てしまう可能性もあります。ですから、役員との良好な人間関係を構築するように注意する必要があるでしょう。役員から評価されるためには、まず先に自分が役員の良い所に注目してみることがポイントです。そうすれば上手く信頼関係を構築することにつながっていくでしょう。

 

 

 

■役員運転手としての自覚

 

役員運転手をする場合は、自覚も大切です。最初に自覚すべきことは、他人を車に乗せて運転する仕事であるということです。安全運転が最優先事項になります。次に自覚すべきことは、役員にとって快適な空間を作ることです。役員が専用の運転手までつけて車に乗っているのは、移動中の時間を有効活用するためです。仕事をするだけでなく、休息に充てるケースもあります。そのため、静かな運転を心がけ、むやみに話しかけることを慎むなどする必要があるでしょう。また、役員は重要な商談や会議に出席するために車で移動します。そのため、渋滞で遅れたなどの事態が発生しないように、日頃から抜け道を確認するなどの運転ノウハウの向上が常に求められることも自覚しておくべきでしょう。

 

 

 

■運転業務のモチベーション

 

役員運転手の仕事は、車の運転技術だけでなく、役員の仕事環境を整えるという意味では秘書機能を担っている面もありますので、簡単な仕事ではありません。安全運転の部分は失敗が許されませんが、役員との会話やトラブルが生じたときの対応などについては、いつも満足いく対応ができるとは限りません。それでも、完璧を目指して努力する必要があります。しかし、時には精神的にも体力的にも疲れてしまい、モチベーションがあがらないことがあるかもしれません。そんなときは、役員から評価されてかけられた言葉を思い出し、日々役員の活動に役立てていることを実感することで、モチベーションを上げることができるでしょう。

 

 

 

運転手に関するコチラの記事も読まれています

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。

 

DFM大.png