最新情報

2017-03-20 00:00:00

大きな会社の役員ともなれば専属の運転手をつけることが多いですが、専属で置くほどの利用頻度がなければ選択肢はハイヤーか派遣運転手のどちらかになるでしょう。派遣運転手とハイヤーの違いについて紹介します。

 

 

 

 

 

 

■派遣運転手とは

 

派遣運転手とはタクシー会社や人材派遣会社などから派遣される優秀なプロのドライバーのことで、顧客が所有する車両の運転、管理を行います。派遣元によっては顧客のスケジュールに合わせ、専門のスタッフが運行管理まで行ってくれることもあり、わずらわしい車両手配の心配がありません。必要なときに必要なだけ利用できるので、短期的な雇用や長期的な雇用も自由に選ぶことが可能です。万が一事故があっても保険対応や事故処理なども派遣元の会社が対応してくれます。専属で運転手を雇った場合と比べると給料や残業代、退職金などの金銭的な負担や、身なりや態度などを教育する時間的な負担がなくコスト削減につながります。

 

 

 

■ハイヤーとは

 

ハイヤーとはタクシー会社が所有する高級車を使用し、通常のタクシーよりも高品質なサービスを提供する個別の輸送機関です。VIPの輸送に特化したサービスが特徴で、様々な用途で快適な移動時間を手にすることができます。ハイヤーの利用は完全予約制になっていて、ハイヤーでないと入れてもらえない施設などもあり、特に格式高い状況で良く利用される車両です。ハイヤーを運転するドライバーは、タクシー会社の中でも深い経験と確かな運転技術を持ち、エグゼクティブへの対応にも問題のない質の高いドライバーだけがなることができます。基本は短期の利用ですが、タクシー会社によっては運転手と車両を固定して利用できるサービスを行うところもあります。

 

 

 

■派遣運転手とハイヤーのそれぞれの違いまとめ 

 

派遣運転手とハイヤーの一番大きな違いは、使用する車両が自分のものかタクシー会社のものかということです。自分が乗る車に思い入れがある場合や仕事の関係で大型車両を使いたい場合も派遣運転手の場合は対応できます。車両の管理をしなくてよいという意味ではハイヤーの方が負担や面倒は少ないでしょう。給与負担や労務管理等が必要ないのはどちらも同じですが、派遣運転手は運行管理まで一手に引き受けてもらえるので、スケジュール調整や車両手配の手間がありません。ハイヤーも派遣運転手もVIP対応が可能なレベルで教育されていますが、派遣運転手はハイヤー経験も積んだ人が採用されることが多く、より質の高いサービスを受けられる可能性が高いです。

 

 

 

運転手に関するコチラの記事も読まれています

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。