最新情報

2017-02-10 00:00:00

運転手の派遣の仕事には、いくつかの契約形態があります。どの契約形態をとったほうが良いのかは、ドライバーにお願いしたいことにより異なるでしょう。自分の要求事項を満たすには、契約形態はどれが良いのかの判断の基準になりそうな情報を紹介します。

 

 

 

 

 

 

■長期的利用を考えるなら定期契約

 

長期的に仕事をお願いする場合は、定期契約が向いています。たとえば、会社社長などの毎日の送迎業務や、企業などで行っている定期運行バスの運転手など、決まった時間に毎日業務に就く形態の仕事の場合です。いわゆる、役員や社長などの、誰か特定の人に対しての専属ドライバーをつける場合に適した契約です。この契約方法を採用するメリットとしては、一ヶ月あたりの出費などの計算がしやすいことです。また、必ず専属ドライバーが出社してくれることもメリットとなります。毎日異なる運転手となってしまうと、役員や社長などもどことなく落ち着かない雰囲気になってしまうものです。また、毎日のちょっとした洗車や車内の清掃などの雑用もお願いできるのもメリットです。

 

 

 

■特定の日を指定できる単日契約

 

単日契約は、その名の通り、日雇い派遣のような感覚でドライバーを手配できる、契約形態です。毎日必ずしも運転手が必要でない場合などに、利用するとメリットが出ます。突然、役員や社長が出張になり、その日だけ運転手が必要になったなどの場合に利用します。毎日来てもらうわけではなく、必要な日だけ来てもらえるので、コストも当然安くなるのがメリットです。可能であれば、毎回同じ派遣会社を利用すれば、ドライバーとも顔なじみになり、ドライバーも役員や社長などの会話の好みなども覚えてもらうことができるので、役員や社長などもリラックスして移動ができるでしょう。逆に、時には異なるドライバーにお願いすることで、ドライバーからの会話の中に思わぬ情報源があるかもしれません。

 

 

 

■お試し感覚でも!

 

短時間契約この契約は、その名の通り、パートタイマーのように、ごく短時間だけの契約でドライバーの手配が行える形態です。一般的な送迎業務でも利用できますが、配送や郵便関係などの業務でもお願いしやすいのが特徴です。一度、その運転手派遣会社が良い会社なのかどうか試すために、お試し感覚で利用してみるのも良いかもしれません。短時間の契約なので、定期契約や単日契約よりも安い価格で利用できます。また、企業で利用するだけでなく、観光地などに出向いたときに、観光巡りを行うときにおすすめの契約でもあります。現地の地理に詳しいドライバーが、名所はもちろんのこと、地元民に愛される本当のグルメ料理なども堪能することができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣をご依頼のお客様は、こちらのサイトもご覧下さい。