最新情報

2017-02-20 00:00:00

運転上手な人の方が役員運転手を任せてもらえる可能性は高いでしょう。役員に運転が上手だと思ってもらうにはコツがあります。そこで今回は運転方法や駐車について、上手だと感じてもらえるテクニックなどを紹介します。

 

 

 

 

 

 

■運転テクニック~走行編~

 

役員は忙しいことが多いので、なるべく急いで運転した方が良いと考えていないでしょうか。しかし急ぐ意識が強すぎると、下手な運転手であると思われる可能性があります。急いでいると、前方の車間距離が短くなる傾向があります。車間距離が短いと、急ブレーキを踏む機会が増えてしまうので注意が必要です。またスピードを出すために、空いている車線への変更を繰り返すのも良くありません。乗っている役員にせっかちで不安定な印象を与えてしまうからです。車間距離や車線変更は安全面にも大きく関わります。必要以上に急ごうと考えず、急ぐ場合はルート選択などによる時間短縮を心がけることが大切です。安全運転をしているのに早く着けば、運転上手であると感じてもらえるでしょう。

 

 

 

■運転テクニック~駐車編~

 

プライベートでは前向きに駐車するのが習慣になっている人もいるでしょう。しかし役員の乗った車を運転する場合は、バックで駐車するようにします。バックで駐車するのが苦手な人は多いため、スムーズに駐車を成功させると運転上手である印象を与えられます。急なバックを繰り返すと車酔いをしやすいので、落ち着いて一度で成功させることが大切です。また前向きに駐車してしまうと、バックで発車しなければなりません。バックでの発車は難しいケースがあり、手間取ってしまうと役員を苛立たせてしまう恐れがあります。やむを得ない事情で前向きに駐車した場合は、役員が戻ってくるまでにバックで駐車し直しておくと良いでしょう。

 

 

 

■運転上手と言われるためのコツ

 

役員運転手にとって重要なのは、役員に安心して運転を任せてもらえることです。そのために安全運転が必要なのはもちろんですが、歩行者や他の車に迷惑を与えないようにすることも大切です。運転手は役員に代わって運転しているといえます。そのため周囲に迷惑をかけると、責任を感じてしまう役員もいるのです。もしニュースになるような迷惑行為を行ってしまうと、企業のイメージも悪くしてしまうでしょう。そうならないように周囲への配慮を持って運転をすることが欠かせません。そのためには車両感覚をしっかり把握しておくことが重要です。また必要以上にエンジンを吹かせないことやウィンカーを早く出すことを心がける必要もあります。このように周囲に配慮した運転を行うことが、運転上手といわれるコツなのです。

 

 

 

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣をご依頼のお客様は、こちらのサイトもご覧下さい。