最新情報

2017-06-10 00:00:00

役員運転手に、派遣のプロドライバーを迎えるといろいろないいことがありそうです。いろいろとコミュニケーションをとる中で、貴重な意見も聞けるかもしれません。派遣ドライバーを迎えるとどのようないいことがあるのかまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

■快適な社内環境づくり

 

派遣の運転手はいわば社外の人です。そのため、いろいろとコミュニケーションをとっているうちに貴重な意見を聞けるかもしれません。なぜなら、派遣ドライバーの場合、他の会社のドライバーを兼務していたり、他の会社に派遣されていた経験があったりするからです。教えてくれる範囲で話をしてくれるので、もしかしたらお得意先の役員さんが好んで食べるものなどを教えてくれるかもしれません。また、社用車で毎日活躍する営業マンなどとコミュニケーションをとると、みんなが知らなかった抜け道情報なども教えてもらえて、会話も弾みそうです。上手に派遣ドライバーとお付き合いをすれば、職場の雰囲気も楽しくなりそうですね。

 

 

 

■空気を読んだ会話能力

 

派遣ドライバーは、自分の会社の中で厳しいトレーニングを積んでいて、運転能力はもちろんのこと、ビジネスマナーや会話能力などについても研修が行われています。そのため、ドライバーは、会話能力も優れていて、人の気分を害さないように話してくれます。過剰に話をするわけではなく、お客さんのいうことはしっかりと聞き、守秘義務は守るようにトレーニングされています。また、運転手経験が長くなるとさまざまな人と会話するようになるため、経験豊富なドライバーほどこの能力は高まるようです。派遣ドライバーは観察力も鋭いため、長い付き合いになるほどその人に関する理解も深まり、空気を読んだ会話をしてくれるようになります。

 

 

 

■目的地までのルートを熟知

 

派遣ドライバーは自分の会社の中で、地理や通行止めなどに対する対処法、渋滞などの回避方法について徹底的なトレーニングを積んでいます。どのような状況にも対応できるように教育されているのです。その対応能力は、車に搭載されたナビゲーションシステムの性能を上回るかもしれません。これは、研修の成果だけではなく毎日の業務経験を重ねるうちに、磨かれていくようです。また、彼らは鋭い観察能力を持っているため、同じ道を走っていたとしてもちょっとした変化によく気がつくのです。そのため、新しくコンビニができたとか、あのラーメン屋さんに行列ができるようになったなどの最新情報を常に入手しています。そのため、役員が突然食事をしたいのでレストランにいってほしいなどの要求にも素早く対応が可能なのです。

 

 

 

運転手に関するコチラの記事も読まれています

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。